くまさんねっと くまもとの介護ポータルサイト
協会について 支部のご紹介 入会のごあんない 活動報告 研修会のごあんない
トップページ>> 研修会のご案内・新着情報

ブログ内検索

月別アーカイブ

熊本県介護支援専門員協会は、介護支援専門員の資質及び社会的地位の向上に努め、各関係機関との連携を図りながら、各地域(支部)での活発な活動を支援しつつ、全体事業についても積極的に企画・実施できる自立した団体となるよう組織の基盤強化に努めます。

【県協会】 日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第6報
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。



「災害の対応について」に関するメールは、このたびの東北地方太平洋
沖地震による被害の甚大さを考慮し、地域を限定せずに、メールマガジ
ンの登録を頂いている会員の皆様全てに配信しています。ご了承をお願
い申し上げます。

★先遣隊として、3月16日から宮城県、岩手県、福島県を回っていた副
 会長3名が、本日18時30分、東京の事務所内にある災害対策本部に戻
 ってきました。現地の県支部関係者、ケアマネジャー、県庁、市役所、
 また現地に派遣されている厚労省担当者と状況を確認しあい、各種調
 整を行ってきました。特に支部でチームを組んで懸命に被災地域避難
 所を巡回している支部役員から、その内容を把握し、今後の支援のあ
 り方を打合せしました。

★被災地の状況を伺うと、ライフラインや人手不足の課題もありますが、
 現時点では何をするにもガソリンがなく、食料の調達も、訪問系・通
 所系を中心にサービスの提供も、ケアマネジャーの頻繁な利用者訪問
 も困難な状況であることを目の当たりにしてきたと報告がありました。
 ケアマネジャーもサービス担当者自身も被災者である場合が少なくな
 く、ガソリンがないために自宅から事業所へも出勤すら出来ない状況
 です。

★要介護者の受け入れ施設を探している状況もあれば、一方で、避難所
 を縮小して在宅へ帰るにも、暖房も食料もサービスもないため帰るに
 帰れないという現実を前に、利用者さんもケアマネジャーも困惑して
 いるとのことです。

★ある地域ではケアマネジャーが研修中に被災し、安否が確認できてい
 ないという情報もあります。当協会でも会員など連絡先が分かる人の
 安否情報の収集を行っています。


================================================================

■災害掲示板をご活用ください!!

○当協会ホームページ(http://www.jcma.or.jp/)の「災害掲示板」
 (右側のバナー)で状況をお知らせください。その状況がどの市町村
 のことなのかが分かるように記載をお願いいたします。災害対策本部
 では全ての情報を確認して整理し、関係省庁と調整しているためです。
 被災したことにより、介護支援専門員業務を行う上で制度運用上の問
 題があれば、具体的な内容を教えて下さい。出来る限りの調整を行っ
 ています。

================================================================

■ケアマネジャー・ボランティアについて

○介護支援専門員として活動のできるボランティアの登録を受付けてい
 ます。ボランティア・コーディネイトについては、被災地との調整を
 踏まえた上で、改めてお知らせします。当協会で募集するボランティ
 アの業務は、被災地の避難所等における高齢者のアセスメント、ニー
 ズ調査、介護支援専門員業務の支援を予定しています。

○派遣先は、①岩手県、②宮城県、③福島県、④茨城県を予定していま
 す。現在、派遣先との調整を進めているところであり、派遣期間は応
 募者のご希望等を踏まえたうえでの調整といたします。⑥登録、その
 他詳細はホームページでご確認下さい。
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/news/association/post_387.html

================================================================

■義援金を受け付けています

 ○義援金受付
  銀行口座 銀行名:東京都民銀行 日本橋支店
  口座番号:普通 4069806
  口座名:一般社団法人日本介護支援専門員協会 東日本大震災義援金
  ※ 恐縮ですが、振込手数料・払込手数料はご負担ください。
  ※ 税務上の控除負担とはなりません。

 ○受付期間
  平成23年3月16日~平成23年6月15日

 ○義援金の取り扱い
  被災者・会員への支援、日本赤十字社等への寄付

================================================================

当協会ホームページ(http://www.jcma.or.jp/)に「東北地方太平洋沖
地震に関連する情報」をまとめています。関係省庁から発出されている
各種連絡、協会から配信しているお知らせ等を掲載していますので、ご
確認下さい。

★特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関
 する法律第3条第2項の規定に基づき、同条第1項の措置の対象とな
 る特定権利利益、当該措置の対象者及び延長後の満了日を指定する件
 等について
 (厚労省老健局長→各都道府県宛て 通知 老発0317第1号)
 (3月17日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/110318%20kyokutyoutuuti.pdf

○被災者等で、行政上の権利利益の回復又は保全のための期間の満了日
 の延長や、法令上の義務が期限内に履行されなかった場合の責任の免
 除等の措置です。介護保険法の規定に基づくものでは、指定居宅サー
 ビス事業者等の指定等について、有効期限等を延長し、その満了日を
 平成23年8月31日とするものや、介護支援専門員の登録(第69条の2
 第1項)等が該当します。

★東北地方太平洋沖地震に伴う省エネルギーへの協力について
 (厚労省老健局振興課事務連絡→関係団体宛て)(3月18日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/110318%20enerugy.pdf

○相当の電力供給不足が発生しています。暖房は19度を目安に現在の設
 定をより低く設定する、暖房効果を高める工夫をする、人のいない部
 屋の照明は可能な限り消灯するなど、省エネルギーにご協力下さい。
 当協会事務局も暖房を切り、照明は制限しています。

★「東北地方太平洋沖地震」の発生に伴い医療機関に避難した重度障害
 者等の生活支援について
 (厚労省社会・援護局、老健局振興課事務連絡→都道府県・指定都市・
  中核市宛て)(3月18日付)
   ↓
 http://www.jcma.or.jp/110318%20seikatusien.pdf

○相当の電力供給不足が発生しています。暖房は19度を目安に現在の設
 定をより低く設定する、暖房効果を高める工夫をする、人のいない部
 屋の照明は可能な限り消灯するなど、省エネルギーにご協力下さい。
 当協会事務局も暖房を切り、照明は制限しています。




| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第5報
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。



================================================================

■当協会 平成23年度施設介護支援専門員研修会の中止について■

当協会では、東北地方太平洋沖地震の影響を考慮し、本年4月10日(日)
に開催を予定していた「平成23年度施設介護支援専門員研修会」を
中止することに致しました。

参加ご登録いただきました皆様には、ご了承を賜りますようお願い申
し上げます。

================================================================

当協会ホームページ(http://www.jcma.or.jp/)に「東北地方太平洋沖
地震に関連する情報」をまとめています。関係省庁から発出されている
各種連絡、協会から配信しているお知らせ等を掲載していますので、ご
確認下さい。

★東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者に係る利用
 料等の取扱いについて
(厚労省老健局各課→各都道府県宛て 事務連絡)(3月17日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/110317%20riyousya.pdf

○被災したことにより介護サービス利用料の支払いが困難な方は、当面、
 5月までの介護サービス分について、5月末日まで支払を猶予する取
 扱いとなります。対象者の要件(適用地域、財産の損害、収入の減少
 等)や、サービス事業所等における介護報酬の請求については、事務
 連絡の文書でご確認下さい。

★東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震における転入者に係る被
 保険者資格の認定等について
 (厚労省老健局介護保険計画課→各都道府県宛て 事務連絡)
 (3月17日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/110317%20tennyusya.pdf

○災害救助法の指定を受けた市町村の住民が他の市町村に転入する際の、
 介護保険の被保険者資格について、被災した市町村と連絡が取れない
 場合は、被災市町村の介護保険被保険者証の確認、被災した被保険者
 に対する聞きとりなどの方法で認定を行って差し支えないとされてい
 ます。また、課税状況等の確認が出来ない場合は、課税状況等が判明
 するまでの間、保険料を賦課しないこととしても差し支えないとされ
 ています。

★被災地での健康を守るために(厚生労働省ホームページ)
  ↓
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hoken-sidou/disaster.html

★義援金に関すること、ケアマネジャー・ボランティア登録に関するこ
 とは、当協会ホームページに掲載しています。ボランティア・コーデ
 ィネートについては、昨日から被災された県に出向いている副会長3
 名が、県支部、県庁、市役所等の関係者と細かな調整を行っていると
 ころです。現地の状況を災害対策本部に持ち帰って、体制を整えます。

★認知症の方への対応について、特に避難所において周囲に理解されず、
 家族がしんどい思いをしているようです。認知症の方、一人暮らしの
 高齢者、高齢者のみの世帯には特段の配慮をお願いいたします。なお、
 一部の市町村では、認知症の方に対応するため、独自に避難所に介護
 職員を配置する動きもみられます。

★ホームページに「災害掲示板」を開設しました。
 書き込みの利便性を考慮し、トップページに移動しました。

★計画停電による影響に関して。電動ベッドは、停電になると動かなく
 なります。事前に「あたま」「あし」を完全に下げて水平に、高さは
 安全のため低くするよう留意して下さい。他の家電製品と同様に、念
 のため、事前に電源プラグを抜きましょう。

★会員の皆様や各支部から、被災の状況や停電の状況などについてご連
 絡をいただいております。会員様ご自身も大変な状況の中、ご連絡を
 いただきありがとうございます。匿名のご意見もありますが、メール
 やFAXでご連絡を頂く際には、それがどの市町村のことなのかが分か
 るように記載をお願いいたします。災害対策本部では全ての情報を確
 認して整理し、関係省庁と調整をしているためです。




| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 「東北地方太平洋沖地震」の発生に伴い医療機関に避難した重度障害者等の生活支援について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省より下記の通り事務連絡が発出されました。

●「東北地方太平洋沖地震」の発生に伴い医療機関に避難した重度障害者等の生活支援について
 (平成23年3月18日付)

    詳しい内容はこちら



| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震に伴う省エネルギーへの協力について(依頼)
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省より下記の通り事務連絡が発出されました。

●東北地方太平洋沖地震に伴う省エネルギーへの協力について(依頼)
 (平成23年3月18日付)

    詳しい内容はこちら



| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震に対する「災害掲示板」の掲載場所の変更について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。



●東北地方太平洋沖地震に対する「災害掲示板」の掲載場所の変更について

    詳しい内容はこちら

| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震に関する厚生労働省老健局長通知について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省老健局長より下記の通り老発が発出されました。

●特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律第3条第2項の規定に基づき、同条第1項の措置の対象となる特定権利利益、当該措置の対象者及び延長後の満了日を指定する件等について
 (平成23年3月17日付)

    詳しい内容はこちら



| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震における転入者に係る被保険者資格の認定等について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省老健局より下記の通り事務連絡が発出されました。

●東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震における転入者に係る被保険者資格の認定等について
 (平成23年3月17日付)

    詳しい内容はこちら



| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者に係る利用料等の取扱いについて
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省老健局より下記の通り事務連絡が発出されました。

●東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者に係る利用料等の取扱いについて
 (平成23年3月17日付)

    詳しい内容はこちら



| 2011/03/18 | 県協会事務局 |

【県協会】 日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第4報
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。



当協会ホームページ(http://www.jcma.or.jp)に「東北地方太平洋沖地
震に関連する情報」をまとめました。関係省庁から発出されている各種
連絡、協会から配信しているお知らせ等を掲載していますので、ご確認
下さい。

本日、当協会では緊急通行車両確認標章の交付を受け、高橋副会長、森
上副会長、濱田副会長の3名が被災された県に向かいました。被害の大
きい宮城県、岩手県、福島県の各支部と連絡を取り合い、県支部、同事
務局、県庁と各種調整を行う予定です。現地のニーズなども聞きとり、
本部に持ち帰った上でボランティアの調整なども行う予定です。

★協会ホームページの会員専用ページに「災害掲示板」を開設しました。
 各自で暗証キーを設定して頂き、被害の状況や要望事項などの書き込
 みをお願いいたします。会員専用頁を開くと右側にバナーがあります。
 都道府県ごとのくくりになっています。

★義援金についてお知らせします。

 ○義援金受付
  銀行口座 銀行名:東京都民銀行 日本橋支店
  口座番号:普通 4069806
  口座名:一般社団法人日本介護支援専門員協会
  東日本大震災義援金
  ※ 恐縮ですが、振込手数料・払込手数料はご負担ください。
  ※ 税務上の控除負担とはなりません。

 ○受付期間
  平成23年3月16日~平成23年6月15日

 ○義援金の取り扱い
  被災者・会員への支援、日本赤十字社等への寄付

★ボランティアについて
 介護支援専門員として活動のできるボランティアの登録を開始いたし
 ます。ボランティア・コーディネイトについては、被災地との調整を
 踏まえた上で、改めてお知らせします。当協会で募集するボランティ
 アの業務は、被災地における介護支援専門員業務の支援です。

 ○派遣先・派遣期間
  派遣先は、①岩手県、②宮城県、③福島県、④茨城県を予定してい
  ます。現在、派遣先との調整を進めているところであり、派遣期間
  は応募者のご希望等を踏まえたうえでの調整といたします。

 ○被災地へのアクセス等
  この度のボランティアでは被災地へのアクセスが課題となっており
  ます。宿泊先を含め、被災地へのアクセスもボランティア実施者が
  確保していただくことが予想されます。

 ○ご留意いただきたい点
  現地での宿泊:被災地では宿泊先が確保できないことが予想されま
  す。ご自身で宿泊先が確保できない場合は、寝袋等をご持参いただ
  くようお願いいたします。

 ○現地での飲料・食事等について
  被災地では、飲料・食事等も不足しておりますので、可能な限り、
  各自でご持参していただきますようお願いいたします。

 ○ボランティア保険の加入
  二次災害等の事態が十分に予想されますので、ボランティア保険に
  ご自身でご加入のうえボランティアの参加していただきますようお
  願いいたします。ボランティア保険は、全国社会福祉協議会のボラ
  ンティア活動保険等があります。

 ○ボランティア登録は、一両日中にホームページからも行えるように
  準備しております。

================================================================

◎今回は甚大な被害が起こっていることから、利用者の安否確認につい
 て、改めて確認事項を記載します。

 ・生存の確認
 ・身体の状況の確認
 ・生活環境の確認
 ・今いる場所で生活の継続ができるか確認
 ・ケアプラン(サービス)の継続及び変更の必要性の確認
 ・緊急対応の必要性の確認
 ・必要に応じて緊急入院・入所先の選定
 ・医療依存度の高い利用者のサービス調整

================================================================

★会員の皆様や各支部から、被災の状況をお知らせいただいております。
 会員様ご自身も大変な状況の中、ご連絡をいただきありがとうござい
 ます。災害対策本部では情報を全て確認して整理し、関係省庁と連携・
 調整をしています。

★引続き、避難所の高齢者の状況、在宅の高齢者の状況、施設の運営状
 況等、把握された状況をお知らせいただければ幸いです。

★計画停電の影響により、当協会事務局の通信環境(メール、ホームペ
 ージ)が一時的にダウンする可能性がございます。ご理解賜りますよ
 うお願い申し上げます。

★現在の事務局は、災害対応を最優先に行っているため、通常業務に手
 が回りにくい状況です。会員の皆様にはご不便をおかけいたしますが、
 ご理解下さいますようお願い申し上げます。


| 2011/03/17 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震に対する「災害掲示板」の設置について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。


●東北地方太平洋沖地震に対する「災害掲示板」の設置について

    詳しい内容はこちら



| 2011/03/17 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震に対する介護支援専門員ボランティアの募集について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。


●東北地方太平洋沖地震に対する介護支援専門員ボランティアの募集について

    詳しい内容はこちら

    ケアマネジャー・ボランティア登録書はこちら


| 2011/03/17 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震に対する義援金への協力依頼について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。


●東北地方太平洋沖地震に対する義援金への協力依頼について

    詳しい内容はこちら




| 2011/03/17 | 県協会事務局 |

【県協会】 二次予防事業の実施方法について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省老健局老人保健課から下記の通り事務連絡が発出されました。

●二次予防事業の実施方法について

    詳しい内容はこちら


| 2011/03/16 | 県協会事務局 |

【県協会】 日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第3報
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。



関係省庁から発出されている各種事務連絡等は、当協会のホームページ
にアップしていますのでご確認下さい。

★東京電力株式会社及び東北電力株式会社による計画停電にかかる要援
 護者等への対応について
(厚労省老健局各課→各都道府県宛て 事務連絡)(3月15日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/images/e7aa4dcca4187a1d527bff108cf59eba.pdf

○一人暮らしの高齢者や支援が必要な高齢者の居宅に設置されている緊
 急通報システム等への対応をお願いします。

○ガソリン不足等によるホームヘルパーの移動やデイサービス等の送迎
 に支障が生じる可能性があります。こうした場合は居宅介護支援事業
 者等の関係事業者間で連携の上、例えばデイサービスの予定をホーム
 ヘルプに切り替える等、適切な代替サービスが確保できるようお願い
 いたします。こうした場合に、居宅サービス計画の変更の必要がある
 時について、サービス担当者会議は開催せず、担当者から意見を求め
 ることで足りるものとします。

★平成23年東北地方太平洋沖地震の災害応急対策のための緊急交通路の
 指定について(警察庁緊急災害警備本部 3月13日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/images/1774a7c1782380c13032f5a502303131.pdf

★被災地に食料品・生活用品を輸送する車両に対する緊急通行車両確認
 標章の交付について(警察庁緊急災害警備本部 3月13日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/images/017200a0f33ec554d74d6ff37f370af2.pdf

★義援金やボランティアに関するお問い合わせを頂いています。
 明日3月15日に改めてお知らせいたします。

★計画停電の実施地域が広がっていますので、ご確認下さい。
 ○東京電力 http://www.tepco.co.jp/index-j.html
 ○東北電力 http://www.tohoku-epco.co.jp/

★こちらからも情報を入手することができます。
 ○厚生労働省ホームページ(東北地方太平洋沖地震関連情報)
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014ih5.html

 ○経済産業省ホームページ(計画停電情報)
  http://www.meti.go.jp/

 ○首相官邸ホームページ
  http://www.kantei.go.jp/

================================================================

★まだまだ、安否確認のとれない方が沢山いらっしゃいます。

★避難された方々も、避難所生活を続ける中で状況は変化していきます。
 身近な人の消息、ライフラインの途絶、食料や生活品の不足、寒さに
 よる体調の変化など、ストレスや不安は計り知れないほど大きいもの
 があります。その変化に対応できるよう、利用者さんには出来る限り
 の継続的なモニタリングが必要でしょう。

★過去の災害では災害直後だけではなく、中長期にわたる「動くに動け
 ない」状態で、生活機能低下の悪循環による廃用症候群(いわゆる生
 活不活発病)の発症が多発しています。長時間同じ姿勢を続けたり、
 トイレの回数を控えるために水分補給を控えていると、エコノミーク
 ラス症候群を引き起こすことも考えられます。命に関わることですの
 で、足首を回す、ふくらはぎを揉む、適度に水分を補給するなど、十
 分注意して下さい。車中泊の場合も要注意です。

★一見、元気な高齢者でも地震後は近くしか歩いていない、外出が少な
 いなど、病気や外傷とは関係なしに環境の変化だけでも発症します。

★避難所等で昼間横になっている生活が続くと、立ちくらみ等の起立性
 低血圧が起こりやすくなります。災害による疲れだろうと考え、さら
 に横になることによって生活不活発病を進行させることもありますの
 で、今後に向けてご留意願います。

================================================================

★会員の皆様や各支部から、被災の状況をお知らせいただいております。
 会員様ご自身も大変な状況の中、ご連絡をいただきありがとうござい
 ます。災害対策本部で全て頂いた情報を全て確認して整理し、関係省
 庁と連携・調整をしています。下記に頂いた状況の一部を抜粋してお
 伝えします。
 
○(宮城県の会員様から)
 救助された要介護者が病院から溢れ、治療後に受け入れる役割の介護
 施設と連絡をとろうにも連絡できず、個別に足を運んで非常事態緊急
 の受け入れ対応を依頼しているところです。行方不明者が膨大で、数
 も状態も予測不能です。
 受け入れ施設の、自家発電の灯油、水、食料、移送用のガソリン、紙
 オムツ等、もうすぐ尽きてしまいます。同様に、デイも稼働できず、
 訪問介護看護の異動のためのガソリンがありません。さらに優先され
 る緊急車両扱いにもされていない。在宅で介護も看護も受けられなく
 なりつつあります。県庁担当課とケアマネ協会で協議をしながら国に
 も依頼をしてもらっていますが困難が予想されます。
 人的な対応は地元の介護関係者やボランティア等でも頑張れますが、
 こればかりは、被害の少ない他県のみなさんにお願いするしかありま
 せん。

○(岩手県内陸部の会員様から)
 2日目、3日目に徐々に普及してきましたが、食材やガソリンなど不足
 している状態が続いています。そのため通所サービスをはじめ、訪問
 サービスも営業できない状態で利用者は必要なサービスが受けられな
 い状態でいます。
 ガソリンは緊急車両優先で介護サービスの車も多少優先してガソリン
 が給油できますが、給油量が制限されているため、また、販売してい
 るガソリンスタンドも限定されているため長時間並んで少ないガソリ
 ンしか手に入らない状況であります。訪問系のサービス、特にヘルパ
 ーは通常以上に動けるようにガソリンの配給をお願いします。

★被災地とは離れた地域からも心配する声が寄せられています。
 その一部をご紹介します。

★(沖縄県の会員様から)
 このような惨劇が世の中(日本)で起きていると思うと何かお手伝い
 できることがないかと思っているところです。阪神淡路大震災のとき
 に神戸の方が沖縄の親戚の家に避難することになり、その支援を担当
 したことがあります。遠い沖縄ですが、お亡くなりになられた方々の
 ご冥福をお祈り申し上げます。
 また、被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。


○引続き、避難所の高齢者の状況、在宅の高齢者の状況、施設の運営状
 況等、把握された状況をお知らせいただければ幸いです。

 ※計画停電の影響により、当協会事務局の通信環境(メール、ホーム
  ページ)が一時的にダウンする可能性がございます。
  ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 ………………………………………………………………………………
  ■日本介護支援専門員協会 災害対策本部
  info@jcma.or.jp 電話.03-3518-0777  FAX.03-3518-0778
  近日中に「災害掲示板」を立ち上げる予定で準備を進めています。
 ………………………………………………………………………………

 ※厚生労働省老健局老人保健課から「二次予防事業の実施方法につい
  て」の事務連絡が3月11日付で発出されています。
   ↓(当協会ホームページに掲載)
  http://www.jcma.or.jp/news/association/post_372.html

 ※この事務連絡は、昨年8月6日の一部改正通知に伴い、介護予防ケ
  アプラン作成の必要がある対象者の把握方法の基準(参考)等を示
  す内容です。10月27日に開催された全国会議において、「ケアプラ
  ンを作成しない場合の情報共有様式案」を示すとされていましたが、
  その後「介護予防ケアプラン作成の必要がある対象者の把握方法」
  も提示されることになりました。なお、この様式はあくまでも標準
  様式(参考)ですので、保険者ごとに独自に作成することが可能で
  す。

 ※災害の直前に発出された事務連絡であることから、被災地域には改
  めて周知するとのことでした。

 ※当協会事務局では災害対応を優先して業務を行っておりますので、
  メールマガジンを発行せずに、今回はこの場でお知らせいたしまし
  た。



| 2011/03/16 | 県協会事務局 |

【県協会】平成23年東北地方太平洋沖地震の災害応急対策のための緊急交通路の指定について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

警察庁緊急災害警備本部から下記の通り事務連絡が発出されました。

●平成23年東北地方太平洋沖地震の災害応急対策のための緊急交通路の指定について
 (平成23年3月13日付)

●平成23年東北地方太平洋沖地震の被災地に食料品・生活用品を輸送する
 車両に対する緊急通行車両確認章の交付について
 (平成23年3月13日付)

    詳しい内容はこちら


| 2011/03/16 | 県協会事務局 |

【県協会】東京電力株式会社及び東北電力株式会社による計画停電にかかる要援護者等への対応について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省老健局から下記の通り事務連絡が発出されました。

●東京電力株式会社及び東北電力株式会社による計画停電にかかる要援護者等への対応について
 (平成23年3月15日付)

    詳しい内容はこちら


| 2011/03/16 | 県協会事務局 |

東北地方太平洋沖地震情報
標題の件について、日本介護支援専門員協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。


※最新情報順に表示しています。

■日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第6報

   詳しい情報はこちらから>>


■日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第5報

   詳しい情報はこちらから>>


■「東北地方太平洋沖地震」の発生に伴い医療機関に避難した重度障害者等の生活支援について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震に伴う省エネルギーへの協力について(依頼)

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震に対する「災害掲示板」の掲載場所の変更について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震に関する厚生労働省老健局長通知について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震における転入者に係る被保険者資格の認定等について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者に係る利用料等の取扱いについて

   詳しい情報はこちらから>>


■日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第4報

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震に対する「災害掲示板」の設置について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震に対する介護支援専門員ボランティアの募集について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震に対する義援金への協力依頼について

   詳しい情報はこちらから>>


■二次予防事業の実施方法について

   詳しい情報はこちらから>>


■平成23年東北地方太平洋沖地震の災害応急対策のための緊急交通路の指定について

   詳しい情報はこちらから>>


■東京電力株式会社及び東北電力株式会社による計画停電にかかる要援護者等への対応について

   詳しい情報はこちらから>>


■日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第3報

   詳しい情報はこちらから>>


■日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第2報

   詳しい情報はこちらから>>


■日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第1報

   詳しい情報はこちらから>>


■東京電力株式会社及び東北電力株式会社による輪番停電にかかる要介護者等への対応について

   詳しい情報はこちらから>>


■東京電力株式会社による「輪番停電」への対応について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震に関する厚生労働省事務連絡について

   詳しい情報はこちらから>>


■東北地方太平洋沖地震への対応について

   詳しい情報はこちらから>>


| 2011/03/15 | 県協会事務局 |

【県協会】 日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第2報
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。



地震から3日がたちました。その後の状況はいかがでしょうか。
引続き各地の状況をお知らせ頂ければ幸いです。

関係省庁から発出されている各種事務連絡等を当協会のホームページに
アップしていますのでご確認下さい。下記に一部抜粋してお伝えします。

★東京電力株式会社による「輪番停電」への対応について
(厚労省老健局振興課→関係団体宛て 事務連絡)(3月14日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/images/110314rinbanteiden_1.pdf

○東京電力管内において、大規模停電回避のため、順番に一定時間ごとに
 停電する「輪番停電」の実施が予定されています。当該停電による直接
 的な影響に加えて、交通機関の運行休止等による影響もあり、当該地域
 の居宅における介護保険サービスの利用者の処遇に支障が生ずることが
 懸念されています。

○予定していたヘルパーが来られない等の状況もあり得ることですので、
 介護支援専門員の皆様におかれましては、地域の停電スケジュール、交
 通機関の運行状況等に十分注意していただき、利用者への十分な配慮を
 お願いいたします。

★東京電力株式会社及び東北電力株式による輪番停電にかかる要介護者等
 への対応について
(厚労省老健局→都道府県宛て 事務連絡)(3月14日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/images/1e60413f848a7eee1e0d63ceeababbbb.pdf 

○輪番停電の影響により、社会福祉施設等で定員を超過して受け入れるこ
 とは可能です。輪番停電にかかる要介護者への対応については、3月11日
 付の厚生労働省課長通知と同様の特例措置がとられますので、柔軟な対
 応をお願いいたします。


★被災者に係る被保険者証の提示等について(要介護認定について含む)
 (厚労省老健局各課→都道府県宛て 事務連絡)(3月12日付)
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/images/110312hokensyo.pdf

○介護保険被保険者証を紛失・消失あるいは家屋に残したまま避難してい
 る場合でも、氏名・住所・生年月日を申し立てることにより、被保険者
 証を提示した時と同様のサービスを受けられる扱いとします。すなわち、
 被保険者証の提示がなくても市町村が保険給付費相当額を指定居宅サー
 ビス事業者等へ直接支払うことができることとします。

○新規の要介護認定申請前にサービスを受けた被保険者でも、市町村の判
 断で、特例居宅介護サービス費等を支給することができます。

○要介護認定及び要介護認定の更新等の申請は、上記の事情により被保険
 者証の提示ができない場合でも、申請を受理することができる取扱とし
 ます。

○既に要介護認定申請を行っている方に対して、認定審査会を開催出来な
 い等の事情により通常の要介護認定を行えない場合も、暫定ケアプラン
 を用いたサービス提供を行うことができる取扱とします。

○要介護認定の更新申請をすることができる方が要介護認定の有効期間の
 満了前に申請をすることができない場合についても、要介護認定の更新
 申請があったものと見なし引続きサービス提供を行うことができる取扱
 とします。

==================================================================

★当協会は、「災害対応マニュアル」を発行しています。
 これを編集した災害対策特別委員会の委員長は、大きな被害のあった宮
 城県の会員さんで、連絡の取れない状況にありましたが、昨夜、やっと
 メールが通じて連絡をいただくことができました。昨夜は避難所に泊ま
 り込みで、統合失調症と思われる女性の対応に明け暮れたそうです。
 ご本人も住まいが立ち入り禁止となっている被災者です。

★被災地の介護支援専門員は、電話も通じないし、ご自分の利用者がどこ
 にいるのかなかなか分からないと思いますが、たくさんある一時避難所
 を直接回って安否確認をしてほしいとのことでした。

★また、福祉避難所は一杯で、一時避難所にいる要介護者もたくさんいら
 っしゃるそうです。避難所にいるからといって安心せずに、そこで最低
 限暮らせるのかを確認し、サービス提供の調整も行ってほしいとのこと
 でした。

★認知症の方への対応も重要!というのも胸に迫るものがありました。

★当協会としては、引続き会員の皆様および要介護者の皆様に関する災害
 状況を把握したいと思います。大変な状況の中、恐縮ですが、利用者の
 生活を継続する上で何が不足しているのか、業務を進める上で妨げにな
 ること等があれば、情報をお知らせ下さい。現場の情報を整理して、関
 係省庁・関係機関との調整を行い、その上でしかるべき対応をさせて頂
 きます。

 ………………………………………………………………………………
  ■日本介護支援専門員協会 災害対策本部
  info@jcma.or.jp 電話.03-3518-0777  FAX.03-3518-0778
  近日中に「災害掲示板」を立ち上げる予定で準備を進めています。
 ………………………………………………………………………………

 ※当協会事務局のある東京都千代田区は、現段階では輪番停電の地域に
  入っておりませんが、固定電話での連絡が取りにくい状態です。

 ※また、首都圏近郊からの私鉄路線が運行を休止しているため、本日は
  少数の職員で事務所を開けており、業務は災害対応を優先させて頂い
  ております。

 ※会員の皆様にはしばらくご不便をおかけすることもあるかと存じます
  が、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。




| 2011/03/15 | 県協会事務局 |

【県協会】 日本介護支援専門員協会より「災害の対応について」第1報
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。


東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた方々の
ご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

★会員の皆様ご自身の状況はいかがでしょうか。

★被災地の仲間の被災状況および支援を必要とすることがあればお知ら
 せください。

★会員の皆様が担当していらっしゃる利用者さんはご無事でしょうか?

特に被害の大きかった地域では、会員様ご自身も大変な状況にあること
と思います。
甚大な被害が発生していますので、状況に応じて下記について考慮をお
願いいたします。

○利用者さんの状況把握、一人暮らし高齢者や高齢者のみの世帯、要介
 護3以上の利用者等優先順位の高い利用者から安否の確認や避難場所
 の確認。

○医療依存度の高い利用者への調整・対応。

○主治医に連絡がつかない場合は、指定避難所の救護所中心に活動をし
 ているDMAT(災害派遣医療チーム)、赤十字、医療ボランティア等と
 連携をとりましょう。

○利用者宅が被災し、一般避難所では生活ができない場合の対応につい
 て、福祉避難所が設置されている場合はそこへの入所調整、設置され
 ていない場合には、設置の申し入れが必要でしょう。

○過去の災害では、避難所にいる要援護者の方は必要な支援に関する相
 談がしにくく、避難所の責任者や市町村側も避難所における要援護者
 のニーズ(必要な支援)の把握が不十分となる傾向がありました。そ
 のため、地域の中で、介護支援専門員の皆様の役割は重要といえます。

○当協会としては、会員の皆様および要介護者の皆様に関する災害状況
 を把握したいと思います。大変な状況の中、恐縮ですが、利用者の生
 活を継続する上で何が不足しているのか、業務を進める上で妨げにな
 ること等があれば、情報をお知らせ下さい。現場の情報を整理して、
 関係省庁・関係機関との調整を行い、その上でしかるべき対応をさせ
 て頂きます。

★厚生労働省より都道府県、市町村、中核市に対して、被災した要介護
 者等への対応についての事務連絡(3月11日付)が発出されています。
 全文は当協会ホームページでご確認下さい。
  ↓
 http://www.jcma.or.jp/images/kouseirodosyo.pdf

(以下抜粋)
○居宅サービスは居宅において介護を受けるものとしておりますが、自
 宅以外の場所(避難所や避難先の家庭、旅館等)で生活している場合
 でも必要なサービスを受けられるよう、保険者である市町村において
 は、介護サービス事業者や居宅介護支援事業者等に協力を依頼するな
 ど柔軟な対応をお願い致します。

○介護保険施設、短期入所生活介護、短期入所療養介護、小規模多機能
 型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、通所介護及び通所リハビリ
 テーションについては、災害等による定員超過利用が認められている
 ところです。その際の介護報酬、人員、施設・設備及び運営基準など
 については柔軟な取扱を可能としますので、対応をお願いいたします。
 また、特定施設入居者生活介護についても同様の取扱と致します。

 ………………………………………………………………………………
  ■日本介護支援専門員協会 災害対策本部
  info@jcma.or.jp 電話.03-3518-0777  FAX.03-3518-0778
 ………………………………………………………………………………

 ※当協会では、3月5日に災害対策訓練を実施したばかりでした。事務
  局のある東京都千代田区も震度5強を観測して、大きく揺れました。
  一時はメールも含み、非常に連絡が取りにくい状態にありましたが、
  現在はほぼ復旧しております。

 ※しばらくは余震も続くと思われます。避難先でのエコノミー症候群
  等の二次的被害が発生しないように、予防できることは対処しまし
  ょう。



| 2011/03/15 | 県協会事務局 |

【県協会】 東京電力株式会社及び東北電力株式会社による輪番停電にかかる要介護者等への対応について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省老健局振興課から下記の通り事務連絡が発出されました。

●東京電力株式会社及び東北電力株式会社による輪番停電にかかる要介護者等への対応について
 (平成23年3月14日付)

    詳しい内容はこちら


| 2011/03/15 | 県協会事務局 |

【県協会】東京電力株式会社による「輪番停電」への対応について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

厚生労働省老健局振興課から下記の通り事務連絡が発出されました。

●東京電力株式会社による「輪番停電」への対応について
 (平成23年3月14日付)

    詳しい内容はこちら


| 2011/03/15 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震に関する厚生労働省事務連絡について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。

東北地方太平洋沖地震に関して、厚生労働省から下記の通り事務連絡が発出されました。


●東北地方太平洋沖地震の被災者に係る被保険者証の提示等について
 (平成23年3月12日付)

   詳しい内容はこちら

●高齢者、障害者等の要援護者施設における避難所に対する支援について
 (平成23年3月13日付)

   詳しい内容はこちら

●東京電力株式会社による輪番停電に係る社会福祉施設及び介護保険施設等の対応について
 (平成23年3月13日付)

   詳しい内容はこちら


 
| 2011/03/15 | 県協会事務局 |

【県協会】 東北地方太平洋沖地震への対応について
標題の件について、日本協会よりご報告がありますので、お知らせいたします。


詳しい内容はこちら




| 2011/03/15 | 県協会事務局 |

【県協会】熊本市嘱託職員募集のお知らせ
時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
標記の件について、下記のとおり、熊本市嘱託職員募集のご案内が届いておりますのでお知らせいたします。


詳しい内容はこちら


<求人内容>
(1)介護認定調査嘱託職員
【業務内容】
 介護認定の申請者を訪問し、認定に必要な調査を行う業務

【応募資格】
看護師、保健師、介護支援専門員、助産師、社会福祉士(実務経験1年以上)、理学療法士(実務経験1年以上)、作業療法士(実務経験1年以上)、又は精神保健福祉士(実務経験1年以上)の資格を有する方
※自動車の運転ができること


(2)介護予防事業嘱託職員
【業務内容】
・介護予防が必要な特定高齢者を把握する業務
・特定高齢者宅を訪問し、介護予防に必要な指導を行う業務
・特定高齢者に実施した介護予防を評価する業務

【応募資格】
看護師、保健師、介護支援専門員、助産師、社会福祉士(実務経験1年以上)、理学療法士(実務経験1年以上)、作業療法士(実務経験1年以上)、又は精神保健福祉士(実務経験1年以上)の資格を有する方
※自動車の運転ができること


(3)介護サービス事業者助言指導嘱託職員
【業務内容】
・介護保険制度に関する事務処理業務
・国保連給付適正化システムを活用し、不適正な可能性のある給付の抽出及び絞込を行い、調査を要する事業者・利用者の情報を作成する業務
・介護サービス計画に関する助言指導等

【応募資格】
・介護保険制度に関する事務処理業務
・国保連給付適正化システムを活用し、不適正な可能性のある給付の抽出及び絞込を行い、調査を要する事業者・利用者の情報を作成する業務
・介護サービス計画に関する助言指導等


<応募方法>
履歴書を熊本市役所 高齢介護福祉課まで持参又は郵送ください。
※ただし、郵送の場合は事前にご連絡ください。


<お問い合わせ>
熊本市役所 健康福祉局 保健福祉部 高齢介護福祉課
TEL:096-328-2311


詳しい内容はこちら


| 2011/03/11 | 県協会事務局 |

事務局/Rai's(らいず)内
熊本県介護支援専門員協会